日本酒のテラピーとは?


日本酒には抗酸化作用をもつ100種類以上の有効成分が含まれており、さまざまな美容効果があるといわれています。

これらの成分によりシミやソバカスを抑えて美白をもたらしたり、細胞の老化を防いで活性化させて肌の若さを保ったり、育毛効果があるといわれています。

また、肌の潤いを保ったり、血液循環を高めて肌のツヤをよくする働きもあることが確かめられています。

また、日本酒は体内の組織を活性化させるパワーに満ちた健康飲料だということが解明されています。

そして、生活習慣病への効果のほか、肩こりや冷え性などにも
効果があると解明されています。

私的にはちょっと贅沢ですが、お酒のディスカウント店で、日本酒の一番安いお酒を買って、1升ビンごと、お風呂に入れます。
いわゆる、酒風呂ですが、毛穴から老廃物がお湯に溶け出します。酒飲みには、出来ないマネです!!!

ストレスに満ちた現代社会。
中でも、仕事とプライベートの両立を強いられる男性諸君。

心は慢性疲労状態にあり、彼ら達の”癒し”への欲求は高まるばかりです。

例えば、日本酒の香りには心をやすらげるアロマテラピー的効果があるなど、日本酒を飲むことの”癒し”効果が注目されているのです。

心の抑制が取れるので、なによりも精神的なストレスの解消になるし、コミュニケーションの手段にもなります。


健忘症や痴呆症に効果がある、『s−アデノシルメチオニン』という物質が豊富です。癌発生を抑制します。
posted by venus at 15:33 | 日本酒のテラピーとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。