日本酒の効能とは?



日本酒の飲み方は冷酒または燗酒がもっともポピュラーです。

しかし、それ以外にもそのまま常温で飲んだり、燗酒をあえて冷まして燗冷ましで飲む方法、焼酎のようにロック・水割り・お湯割りで楽しむことも可能ですし、にごり酒ならば炭酸割りも可能などさまざまな飲み方があります。

また、単純に冷酒・燗酒といってもそれぞれ1種類ではありません。燗酒もぬる燗と熱燗だけではありません。

全て飲用温度帯によって次のように分かれています。

冷酒は3段階で、雪冷え(5℃以下)・花冷え(10℃以下)・涼冷え(15℃以下)、燗酒は、なんと6段階で、日向燗(30℃前後)・人肌燗(35℃前後)・ぬる燗(40〜45℃)・上燗(45〜50℃)・熱燗(50〜55℃)・飛びきり燗(55℃以上)となっており、全てのお酒に一番の飲み頃温度帯があります。

以前はタブーとされていた、生酒の燗や大吟醸酒の燗も最近では一つの飲用方法として認識されつつあります。

お酒を燗する飲み方が始まったのは、古くは平安時代からといわれています。

江戸時代中期以後には、燗酒は一般的となり、現在とは異なり冷酒で飲むことは、「やや下品だった」らしいです。

では、なぜ現在、燗酒=安酒となったのか。

それは、地酒ブーム〔中でも吟醸酒ブーム〕によって、「吟醸香の高いお酒を冷酒で味わう」風潮がことごとく広まり、それまでお酒の主流だった普通酒を「こんな安酒、燗にしなきゃ飲めない」という便宜的な扱われ方が定着してしまったからです。

日本酒ほどいろいろな飲み方ができるお酒は他には皆無といっても過言ではありません。

冷酒、常温、ぬる燗、熱燗などさまざまな温度帯で楽しむことができるのが日本酒です。

同じ日本酒でも冷酒と燗酒では、全く別の味わいが楽しめます。

燗酒においては、温度を少し変えるだけで違う味が楽しめるのです。

つまり、燗酒をする習慣を身につければ、日本酒を飲む楽しさは倍増するのです。
posted by venus at 15:40 | 日本酒の効能
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。