お酒ア・ラ・カ・ル・ト

☆アルコールはガンを引き起こす?
世界保健機関(WHO)が、アルコールとガンの関係について新しい見解を発表しました。

結果は酒好きには恐ろしいもので、酒を飲んですぐ顔が赤くなる人はそうでない人に比べて、最大12倍も食道ガンになりやすいそうです。

アルコールの分解に必要なアルデヒド分解酵素の一部が欠けて働きが悪いと、パアーと赤くなる人は、日本人の約35%でアルコールに弱い民族です。アルコール依存症患者の13%はこのタイプです。

アルコールを毎日ビール大瓶2本程度飲む人は、飲まない人の1.5倍も乳ガンになりやすい。

毎日、ちょびちょびという飲み方より、まとめて飲む人の方が乳ガンになるリスクはもっとも高くなるという研究結果があります。

大腸ガンも飲まない人の1.4倍の確率で発症します。

飲酒がガンの危険を伴うことは間違いないらしい…酒飲みには残念な結果となりました。



☆アル中妻症候群

アルコホリックの夫を持つ妻にはよく似た行動パターンがみられるといいます。

彼女たちは総じてスキのない身なりで美しく、能力的にも優れています。

ただ、表情が乏しく、能面のように見え、口を開けば自分のことではなく夫の話ばかりします。

こうした妻は「私がいなければ、この人は…」と、いう母親の気持ちになっていることが多いのですが、それはあきらかに妄想でアル中の夫の回復を遅らせてしまいます。

まず、妻がすべきことは、自分の時間を自分の幸せのためにだけ使うと決意する事です。

妻が回復すれば、アル中夫も自然と回復していきます。



☆人を魅了するお酒の功徳

アルコールの危険はいろいろと指摘されますが、酒があるところに人と人の出会いがあり、会話が始まり、文化が育つのは世界共通です。

そして、「酒は百薬の長」と言われ、めでたい席には欠かせないものです。

確かに、お酒を飲めば、高揚感で会話もなめらかになり、生理的にもほどよいアルコール
は血流をよくし、臓器の働きも活発にします。

しかし、その一方ではヤマタノオロチ退治に酒が用いられるなど、酔わせて招待をなくさせてしまう酒の怖い一面も認識されています。

酒とどう付き合うかは、いつの時代にも個人、個人によって試される大人の品格を持って上手にお酒に飲まれないようにしましょう。
posted by venus at 14:52 | お酒ア・ラ・カ・ル・ト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。